7/7(土)~7/8(日)「長崎・ダイヤランドの家」個別案内会 (予約制)

【コラム・かいてきライフ】vol.6 ~いさはや小野町の家・完成前お宅訪問②~

ラジオパーソナリティの甲斐田貴之さんのコラム【かいてきライフ】、

今回は6月完成見学会「いさはや小野町の家」の続報です!

1回目はこちら

**************************************************************************************

 

「甲斐田さん、だいぶ出来上がったみたいなので、もう1回見に行きませんか?」

このコラムでお世話になってる浜松建設広報担当Tさんに誘われまして。

 

 「もちろんです!」と即答したワタクシ。

 

6月7日木曜日、再び「いさはや小野町の家」に行ってきました!

 

そうです。前々回のコラムで紹介した、諫早市の高台にある新築住宅。

小野平野、島鉄の線路、そして多良岳、、、珠玉の絶景を手に入れたオーナーさんの想いが詰まったお宅です。

国道57号線からお家がある高台を見上げると、前回の訪問時にはあった足場とネットがもうなくて、

白と黒の立派な姿が露わになっておりました。

 

車で登ってお家に到着。今日ももちろん見晴らし最高。

 

 

壁は白い部分がアクリル系樹脂の塗り壁で、黒いのは木材でした。(前回のコラムからやたら外壁に興味アリ)

道路に面している南側にも横長窓がたくさんあって家の中が明るそう!

では玄関を開けて、、、お、玄関のドアが横にスライドするタイプなんですね。

 

こういう建具のチョイスとかもこだわりがありそうなので、オーナーのHさんに気になるところをうかがいながら家レポします。

Hさん、宜しくお願いします!

 

「宜しくお願いします。」

 

さあ、じゃあ早速お邪魔して・・・中のシューズクロークも広いですね。

玄関を上がってすぐの部屋がご主人であるHさんの書斎ですね。

作業しやすいように広い机、収容能力抜群の棚、そして景色を切り取る窓。ご主人が一番こだわったポイントは?

 

「やっぱり窓の切り方ですね。机と高さを揃えて外の景色に抜けるように合わせました。

 あと、仕事柄本をいっぱい持っているのでそれを並べるための本棚を作りたかったんですよ。

 漫画も好きでワンピースも全巻持っているので並べたいんです。並んでるのを眺めたいんです。

 今までアパートだったので箱にしまってたんですよ。実はもう我慢できずに、何冊か持ってきました(笑)」

 

それは凄くわかります!(笑)僕もワンピース全巻持っているので!男はコレクション好きですからね・・・ってことは

完成見学会の時はお持ちの本が少し並んでるんですね!

 

じゃあ廊下に出まして、南側に広めの収納、北側には土間スペース。

 

 

 

洗濯物はここで干すんですね!外に出てみると、高台にあるから風が強く感じます。

そして縦格子が風を通す役割と目隠しの役割を果たしてくれてます。そもそもなぜこの場所だったんでしょうか?

 

「道路から見えないという理由と、家事動線のことを考えて、洗面所とパントリーとキッチンを回遊できるようにしたんですよ。」

 

家事動線!そうか、廊下を挟んですぐの部屋が洗面所&洗濯機置き場ですね。

キッチンからもパントリーを通って直接洗濯機に行けるようになってますよね。奥さんに優しい配置。

さて、じゃあ廊下に戻って階段手前にまた収納。廊下が長いですね。リビングと繋がってるから冷暖房が大変じゃないですか?

 

「実は壁の中に隠れてドアがあるんですよ。」

 

 

 

あら。こんな所に扉を隠してましたか!ここで仕切ることができるんですね。さてじゃあリビングにお邪魔しまー、、、

 

 

 

おおおおお!絶景feat.大開口窓&黒のウッドデッキ!

前回なかったウッドデッキがあると、さらに景色と繋がってる感が出ますね!

・・・・・・あー・・・・・・ずっと見ていられる・・・・・・

あれ?リビングの天井が斜めですね。廊下はまっすぐだったけど。どうしてですか?

 

「実は天井の部分はもの凄くこだわりました。廊下の天井をわざと低くして、

 リビングの天井の高さとの違いを出してメリハリを付けたんです。

 リビングの屋根は片流れなのでそれに合わせて斜めにして高くし、その高さをより引き立たせるための廊下の天井の低さなんです。

 一般的な高さより20センチ低いんですよ。」

 

なるほど!だからリビングに入るとパァーッと開ける感じがするんですね!

 

あ、リビングの壁は漆喰ですね。

 

「そうですね、漆喰にすると湿度調節や匂い対策になるんです。家族みんなが長い時間リビングに入られたらなと思って。」

 

今は雨の季節ですからはっきりわかるでしょうね。

そういえばまだ作業中で保護されていて見えないんですけど、床材はなんですか?

 

「オークなんです。オークだと家具とあわせやすいんですよ。」

 

なるほど、インテリア全体のことを考えての選択なんですね。天然の木の床はいいですもんね。

あれ?キッチン、、、最近はオープンキッチンが多いと思うんですけど、

ここは部屋のように壁で区切ってカウンターの所だけ横長に抜いてますね。

 

 

これは奥さんのこだわりですか?

 

「妻が料理の時は籠りたいと希望したので、カウンターの所を横長に切るだけにしました。」

 

なるほどー。そしてキッチンがシックでおしゃれですねー。選ぶのに時間かかりましたか?

 

「これも妻が選んだんですけど、だいぶ迷ってました。ですが迷った分、新商品が発売されて、それを気に入って使うことにしたんです。

 ラッキーでした!リビングのテレビ台のモールテックスとも雰囲気が合ってて良かったです。」

 

なんだか海外のオシャレなカフェの厨房みたい。センスいいですねー。

 

じゃあ2階に行きましょう。階段にも大きな窓があります。これ、階段の上から2段目に腰掛けるとちょうど絶景が見えて最高ですよ!

僕だったらこの、上から2段目を自分専用シートにしますね!

 

 

 

こんな感じで!(笑)

 

「実は、それが狙いでした(笑)」

 

やっぱり!そして2階も窓がいっぱいで明るいし、また収納が。このお家、収納多いですね!

 

「2人とも服とか靴が多くて、アパートに入りきれなかったので広めに作りました。」

 

うん、その方が安心。なかなか捨てられないですもんね。で2階のインナーバルコニー。ここはどう使う予定ですか?

 

「実はここから諫早の花火大会が見えるんですよ!バルコニーからもバッチリ見えるので、みんなを呼んで楽しみたいと思ってます!」

 

それはいいですねー!!特等席で花火が見られるなんて!!羨ましい。。。

 

東側の寝室には入りまーす。ウォークインクローゼットと普通のクローゼット、ダブルスタンバイ!服・靴、捨てなくていいですね!

そして南東の角に窓を集めて開放感あります。東側の窓はリビングみたいに全部収納できる一枚窓なんですね。

 

 

この一枚窓って珍しいですね。

 

「これは浜松建設初で、余計なものを隠すためにやってみました。」

 

そうなんですか!いやー、よく見ると遠くに有明海が!北側と違った景色が広がっていいですね。

 

2階のもう一つの部屋、ここはどなたが使うんですか?

 

「ここは子供部屋です。息子はまだ幼いんですけど、大きくなったらここを使うことになってます。」

 

息子さん、大きくなったら喜ぶでしょうね。内装も白のクロスに一面だけ黒のクロスでまたオシャレ。しかも黒のクロスは黒板になるんですか!

 

 

 ここまで見てきましたけど、家全体、建具も内壁も白が基本ですね。

 

「柄のないシンプルな白の建具にしたかったんです。壁も白で統一して目線があちこちいかないようにしました。

 で、テレビ台とか床がアクセントになればと思って。」

 

他に、個別案内会に来られるお客様に、ここ見て欲しいというこだわった所を教えてください。

 

「そうですね、さっき言った天井の高さを体感していただきたいのと、それに合わせて照明のスイッチも低くしているので、

 その辺りを見てください。ちなみにいくつか指でスライドする調光スイッチを使っています。」

 

そんなスイッチが今あるんですね!今日は素晴らしいお家を見せていただきありがとうございました!ちなみにお庭も広いですね。

 

「そうですね、夏はここでプールをして息子と遊びます!(笑)」

 

最高です!間違いないです!(笑)

 

「いさはや小野町の家」完成見学会は6月16日(土)と17日(日)です。

詳しくはこちらまで!

 

**************************************************************************************

快適な暮らしや住まいについてコラムを書いてくださる甲斐田さんと濵松社長のコーナーは、

エフエム長崎の

「サンライズステーション」毎週月~金曜 7:30~10:00(金曜のみ9:45まで)の中の

毎週金曜 午前9時5分ごろ~ 『濱松和夫の+i ~快適LIFEのススメ~』というコーナーで聞くことができます。

メインパーソナリティの甲斐田さん、元気いっぱいな中里玲奈さんとともに

3人で住まいや暮らしについての話をしています。

是非お聞きください!