風の森に新しいお店がOPENしました。

イメージ写真
イメージ写真

空き家リノベーション

三〇七

週末住宅という「イマドキ」の住まい方

諫早に古民家の農業用倉庫があるので見てほしいということから始まりました。
現在住んでいる家はあるけれど、別邸として楽しめる場所にしたいとのこと。農業用倉庫であった古民家を再生リノベーションです。
足元の土間と立派な柱や梁と共に、休憩するための板敷のスペースがあり、2 階には農具や家財の収納として使われていたようでした。友人たちを呼んで遊べる居場所であり、自由に宿泊もできる週末住宅として改装することになりました。仲間と楽しむ空間を別邸として持つ「イマドキ」な住まいの持ち方を提案いたしました。

イメージ写真

古民家の柱や梁を活かし、土間もアリとする

柱や梁を活かしたデザインは、素材そのものを魅せることになります。機能性を高めることも大事な要素ですが、本物の材というのは重みがあり美しい。ここではカルチャーやレガシーを感じられる要素を残すようデザインされています。
古材の破片を残した壁や、緊張感のある階段スリット、窓枠のベンチに至るまで非日常の感覚を楽しめるよう工夫されています。土間から続くデッキへの窓の大開口は、隣地の水田を見渡せ、夏は水田の水に映る空や夕日を、秋は黄金色の稲穂、時には白い蕎麦の花を見ることができ、美しい景観と時間を楽しむことができるのです。

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

ライフスタイルデザイン・美しいかたち

イメージ写真

Before

イメージ写真

土間から続く広々としたデッキが第二のリビング
屋外空間として活用できる

イメージ写真

Before

イメージ写真

窓をとることで風や明かりが室内に入り、デッキや屋根付き露天風呂など快適度がアップ

イメージ写真

Before

イメージ写真

8人が座れる大きなダイニングテーブルの横にはアイランドキッチンを囲んで調理ができる

イメージ写真

Before

イメージ写真

小上りの畳間は断熱材が充填され、土壁は漆喰が塗られている。プロジェクターで活用される

イメージ写真

Before

イメージ写真

小屋組みの梁を見渡せる寝室は、スギの床材と漆喰の壁で空気も綺麗な状態に。

三〇七へのアクセス

〒854-0206 長崎県諫早市赤崎町655-1
完全予約制 水曜休

TEL. 0957-36-2203

総合窓口 : 0120-74-8002