新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

イメージ写真

島原市下宮町

H -s tyleスギの家

場所に馴染みながらおしゃれなエッセンスを

イメージ写真

「家と庭がそろうと家庭になるでしょう」この社長の言葉にそって、私達の家づくりの目指す形があります。その土地の自然に寄り添い、それぞれお客様の家庭の姿にあわせたスタイルを設計していきます。
島原・普賢岳を望む視界と、田畑に囲まれた環境、ゆったりとした町並み、そんな環境を崩さないように、このモデルハウスは建てられました。地域に馴染みながら、スタイリッシュでおしゃれなエッセンスを加えて提案しています。

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

スギのやわらかい素材に包まれて

素足、素肌の感覚で、家で過ごしてもらう。その思いは素材選びに反映されてきます。床のスギ無垢であるからこそ、柔らかく温かい。そのためデメリットもあります。水を吸い込みやすく、傷がつきやすい。それでも、素肌のような床だから化粧水のように、浸透性のワックスを使い、傷がつけば、メンテの方法を学ぶ。そうやって人のように、我が家の素材を愛して永く住んでほしいと思っています。天井にも、壁にも自然素材をつかい、包まれるように気持ちよく過ごしてほしいのです。

小さな工夫が快適便利

イメージ写真

みんなの黒板

行事予定やお知らせメモは、冷蔵庫ではなく共有の掲示板にまとめてスッキリと。

イメージ写真

コーナー書斎

電話、パソコン、プリンターなど置き場所に困るリビング書斎はこのコーナーを利用。

イメージ写真

みんなの書斎

2階に廊下を作らずに、みんなで使える書斎を設け、階段の壁を書棚として活用。

イメージ写真

スイッチを1箇所に

出っ張りが気になるリモコンやスイッチ。1箇所にまとめて壁の中におさめます。

イメージ写真

吹抜けと窓

吹抜けに設置することで2階にも1階にも昼間の明かりが間接的におちてきます。

イメージ写真

リビング窓のあり方

余りがちなコーナーも、大開口窓にすることでリビングに広がりを感じさせてくれます。

スギの家へのアクセス

〒855-0014 長崎県島原市下宮町1843

TEL. 0957-36-2203