10月24日(土)~25日(日)【見学会】開放感あふれるオリジナルスタイルの家

【コラム】日当たりとプライベートを確保した家紹介

【コラム・かいてきライフ】vol.108 ~日当たりとプライベートを確保した家紹介

 

まずは台⾵の被害に遭われた読者のみなさま、お⾒舞い申し上げます。恐怖を感じるほどの強⾵によって建物が損壊してしまった⽅や、⻑く停電が続いてつらい⽇々を過ごされた⽅もいらっしゃるかと思います。

 

台⾵や⽔害、地震など、私たちの⽇常を脅やかす災害と共存していく上で、それらの脅威から守ってくれる防災拠点としての「家」の役割はとても⼤きいと思います。新型コロナの影響で「在宅避難」という⾔葉もよく使われるようになりました。災害に強い家づくりとは。 防災を⽬的とした素材を選ぶこと以外にも、ハザードマップを⾒てその⼟地の性格を理解し、相応しい対策を講じた設計など、いずれこのコラムでも設計専⾨家の視点からの防災について紹介したいと思います。

 

台⾵10号が⻑崎に接近していた9⽉5⽇(⼟)と6⽇(⽇)に、諫早市に新しく建った家の完成⾒学会が⾏われました。なかには台⾵接近で⾒学会の参加を⾒送られた⽅もいらっしゃるかもしれません。

 

台⾵10号の前の9号が⻑崎から離れていった9⽉の初めに、私はこの家にお邪魔することができました!現地にお越しいただいた⽅も、復習みたく読んでいただけると嬉しいです。

 

 

こちらのオーナーさんはご夫婦に男の⼦兄弟の4⼈家族。奥様が以前から浜松建設の建物に興味があったそうで、資⾦計画や⼟地探しから浜松建設のスタッフさんと話し合ってお決めになったんだそうです!こういう家づくりの第⼀歩って、どう踏み出したらいいかわからない、という声をよ〜く聞きます。そこの相談からできると⾔うのは⼼強いですね!

 

 

⼟地は75坪の広さ。なので駐⾞スペースは⼗分すぎるほどあります。そしてこの扉は・・・。

 

 

ご主⼈の趣味の釣り道具を⼊れる外部収納です。ご主⼈から「釣り道具の収納があれば」と要望があり、別に物置を設置する⽅法もあったのですが、ここは⽞関がある「顔」にあたる場所。外観イメージをスッキリさせるために外部収納にしたんだそうです。釣ってきた⿂や 使った道具を洗ったりする洗い場もすぐ近くに。

 

 

⽞関には⽬隠しの格⼦壁。縦格⼦って何度⾒てもオシャレだな〜!それに⽩壁に屋根の⿊に杉板という和モダンな雰囲気です。

 

 

⽞関に⼊ると、あら、いい感じの⽊のカウンター。ちなみにこの真上にはピクチャーレールがあり、更には壁側は照らすスポットライトも。どんな絵を飾られるんでしょうか?

 

ホールに上がると、すぐ左側には広いクローゼット!

 

 

家族全員が使うファミリークローゼットです。家に帰ってきてシューズクローゼットで靴を脱いで上がってすぐファミリークローゼットで着替える!そして隣にある洗⾯脱⾐室に汚れた服をポイッと!元気な男の⼦兄弟がどんなに服を汚して帰ってきても、家は汚れない短い動線ですね!

 

で、このファミリークローゼットから洗⾯脱⾐室+お⾵呂を抜けると、キッチン。この⽞関から左側のルートとは別のルートで、⽞関から上がって真っ直ぐ⾏くとこれまたリビングとキッチン。2階への階段まわりを周回できる間取りなんですね。

 

 

外へ抜けていくリビングですね〜!⼤開⼝の窓に⼤きなウッドデッキ!天井は勾配になっていて、数字以上の広さを感じる⼯夫が。床は⾼級感を感じる天然のナラの板。

 

 

それにしても相当広いですよ、このウッドデッキ!しかもこれを塗られたのは、塗装業をされているオーナーさんのお⽗さまだとか。家族の思いが詰まったこのウッドデッキで、おじいちゃんおばあちゃんを呼んでBBQ!⼦どもたちが楽しみにしているファミリープール! この時代に⼈気の「おうちキャンプ」ができますね。

 

この家の注⽬ポイントは、このウッドデッキが設置された⽅⾓、です。つまりリビングの窓の向きということですが、⼀般的に多いのは南向き、もしくは東向き。ですがここは⻄向きなんです。その理由は地形。ここが⼟地選びから話し合ったメリットだと思うのですが、東側と南側は残念ながら⾼い⼟地だったり⾼い壁だったりで⽇当たりが悪い。でも⾃然の光は取り込みたい。となると開けた⻄側、ということになるんですが・・・⻄側といえば、夏場に感じる強い⻄⽇。

 

そこでこのウッドデッキを⻄側に設置するために、リビングに出来るだけ⻄⽇が⼊ってこないような仕掛けがコレ。

 

 

軒が深いんです!⾃然の光は⼊ってくるが、⻄⽇が⼊りすぎないように軒をグンと伸ばしています。これで⻄向きリビングにもある程度影ができますし、⾬でも軒が防いでデッキが 濡れず外に出られる特典まで!

 

 

家族が供⽤するカウンター。お⼦さんの勉強を観察しながら家事ができますし、並んでお⽗さんもちょっとした作業ができちゃいますね。家族のコミュニケーションが増えるでしょう。

 

 

キッチンはリビングと雰囲気を変えてグレーがイメージカラーに。⾜元も統⼀させるこだわりよう。シックでカッコいいですよね!システムキッチンに壁側の収納、そして奥のパントリー。キッチン周りの収納が充実してます!

 

 

リビングにある3枚の建具を開けたら和室でした。スライドしてフルオープン!現れたのは半畳の畳を9つ並べた4畳半の和室。上の天井にも半畳のベニヤパネルを並べて上下対称になっています。ちなみに⽊⽬調の3枚の建具の和室側は・・・。

 

 

和⾵というリバーシブル。そして和室の⼩上がり部分は・・・。

 

 

引き出し収納。別に押⼊れもありますし、リビングのすぐ裏には階段収納もありますから、 収納には困りませんね!

 

2階に上がる前に、お⾵呂をご紹介。

 

 

お⾵呂というより、洗い場に注⽬ですね。広いんです。収納を少し削ってでもユニットバスを広くしたいという希望を叶えたんだそうです。

 

1階はリビングを中⼼に⽣活空間に。2階はご家族の寝室スペースと分けられています。

 

 

ご夫婦の寝室は6畳の広さ。2畳分のクローゼットもついています。ベッドを置くとヘッド側がブルー系アクセントクロスに。

 

 

お⼦さんの部屋は、まだ分けてなくて広い1つの部屋。⼤きくなったら分けて使えるように 建具は2つ、エアコン設置場所も2つ。窓もそれぞれ対称的に付いてます。お⼦さんの部屋にはクローゼットがついていませんが、部屋を出たところに供⽤クローゼットがありますので⼼配ナシ!

 

いかがでしたか?⼟地から話し合ってリビングの向きや間取りを考え、オーナーさんの夢や希望を形にした家でした!