1/30(土)〜1/31(日)【見学会】諫早市真崎町・2棟同時見学会

薪ストーブの魅力【「ひるドキ!!」建築家・濵松和夫のかせする建】

「おとな」をターゲットに、「おとな」が楽しめる情報をお伝えする、NCC長崎文化放送の「ひるドキ!!」。

1月21日(木)放送の「建築家・濵松和夫のかせする建」の収録が行われました。

今回は、浜松建設島原支店にお邪魔しました。

早速入ってみると、心地よく暖かな空間が広がっていました。

この暖かさの正体は薪ストーブでした。島原支店がリニューアルした時から使用しているそうです。

濱松社長は毎朝6時頃島原支店に来て薪ストーブに火を着けて仕事に取り掛かるのが

毎日のルーティンになっているそうです。

薪ストーブは部屋を暖めるだけではなく、お湯を沸かしたり料理などにも使えます。

もちろん炎を眺めてリラックスするのもいいかもしれません。

薪ストーブには薪は欠かせないので今度は実際に斧で薪割を行ってみました。

やはり慣れていないと難しく薪が割れませんでした。

すると濱松社長が薪割機を用意しました。

斧で割れなかった薪が簡単に割れていきました。

ほぼ毎日薪ストーブで薪を使用するので効率的に薪を割れないかと思い購入されたそうです。

浜松建設島原支店の薪ストーブはいつでも見学可能ですのでご検討されている方は是非島原支店までお越しくださいませ。

今日の模様は、NCC長崎文化放送で1月21日(木)10:25~10:47放送の NCC ひるドキ!!

「建築家・濵松和夫のかせする建(けん)」をご覧ください。

なお、諸般の事情により予告なく番組が変更される場合がございます。予めご了承ください。