2021/06/19(土)~2021/06/20(日)【最終公開】「真崎町の家 ・ OWNER’S HOUSE」(完全予約制)

木下地(もくしたじ)検査を実施

浜松建設は、家づくりにおいて工種ごとに各種検査を行っています。

今回は、先日実施した木下地検査の様子をお伝えします。

壁の下地がちゃんと施工されているか、

釘やビスの施工間隔はきちんと守られているか。

レーザー墨出し器を用いて、壁が垂直に施工されているか、

床が水平になっているかなど家の基礎となる部分を確認していきます。

これは、施工後には修復ができない部分や、確認できない部分になるため入念に検査します。

屋根部分に隙間が無いか、板金施工はきちんとできているか、

軒換気はしっかり取りついているかなど、外部の検査も行います。

浜松建設ではこのように社内検査はもとより、外部の検査機関も含め

様々な検査を実施し、安心安全な家づくりに取り組んでいます。