11/17(土)~11/18(日)【11月イベント】ながさ木家づくりフェスタ開催

【コラム・かいてきライフ】vol.3 ~島原土地情報②~

ラジオパーソナリティの甲斐田貴之さんのコラム【かいてきライフ】、島原土地情報の2回目です!

**************************************************************************************

 

今回は、「島原市城西中の丁の土地」の続編です。

この4区画の土地が、すでにきれいに造成されていて、日当たりも良く、静かで、景色も最高だということで。

では土地選びのもう一つの重要なポイント。周りはどうなのって気になりますよね。

ここから天守閣が見えているので、ちょっと島原城まで歩いてみようと思います。まちブラレポートでお楽しみください。

さあ、土地を出て東へ歩いて1分。

 

 

 

清水が流れる水路。石垣。古い家屋。そう。島原城下町の武家屋敷です!

まるで時が止まったかのような、江戸時代の風景が残る武家屋敷は島原市の人気観光名所。この日も海外からの観光客もいらっしゃってましたよ。

水路沿いの歩道を北へ歩くと、山本邸や篠塚邸などわらぶき屋根の家屋があって、落ち着いた雰囲気がとてもいいです。気分転換の散歩にもってこいの場所ですね。

武家屋敷街の北側から見るとこんな感じ。

 

 

んー!いいですねー。ワタクシは歴史オタクですから、もうたまらなく好きです。

武家屋敷には自由に入って見学ができるので、畳の部屋や板張りの縁側、土間など一軒一軒見て回りましたが、文が長くなりコラムの目的を見失いそうなので、、、あなたも是非訪れてみてください!

ちなみにこのあたりには資料館や古くからある水源などがありました。

 

 

 

さあ、武家屋敷街の北側から東を見ると、学校らしき建物が。

島原市立第一中学校です。なんと物件から最短距離を歩いて3分ぐらいで学校裏門到着!超近いですね!中学校まで歩いて30分以上かかっていた私にとっては超羨ましい。(ギリギリ自転車通学じゃない場所だった。。。)ゆっくり寝ていられるし、忘れ物してもすぐに取りに帰れるし!20分以上歩いて学校目の前で忘れ物に気づいた時のショックは計りしれない!

で、校舎の壁も、さすが城下町です。

 

 

たしか大河ドラマ真田丸のオープニング映像にこんな壁があった!()

で、壁伝いに歩くと左手に子どもたちが遊べる公園があり、その角を東へ曲がって少し歩くと県立島原高校です。吹奏楽の音が聴こえてました。この近くには県立島原商業高校もあって、この辺りは文教地区なんですねー。一般的に文教地区の土地は、治安が比較的良かったり街並みがきれいに維持されてたりで、人気があると聞きます。さらに島原高校の南側。

 

 

 

 

ここが島原市立第一小学校です。物件の場所から大人が最短距離を歩いて78分てとこでしょうか。近いですよね!これなら途中で忘れ物・・・(以下省略)

やっぱりお家の場所選びにおいて学校との距離は重要なファクターですよね。

さらに南へ歩くと・・・

 

 

 こんにちは、島原城!会いたかったよ!()

島原城のお堀に出ました。梅や桜の季節には歩いてすぐお花見に来れちゃいますね。いいですねー。お酒飲んでも歩いてサクッと帰れますねー!

 

というわけでまちブラレポート、いかがだったでしょうか?

この後車で近くをグルッとしたら、少し行けばコンビニ、スーパー、ファーストフード、有名衣料品店、DVDレンタル、、、と、超便利な場所だと思いました。やっぱり、学校や買い物の場所などは、毎日のことですから重要ですよね。と考えると、土地の価格、お得だと思いませんか!?

 

この島原の土地担当は、なんと浜松建設の島原さん!

 

 

しかし読み方はシマバラではなくシマハラ!

そんなシマハラさん、一言どうぞ!

「土地だけの価格ではなく、建物もあわせた全体の資金計画のご相談にのれますので、お気軽にお問い合わせください!」

 

 **************************************************************************************

 

快適な暮らしや住まいについてコラムを書いてくださる甲斐田さんと濵松社長のコーナーは、

エフエム長崎の

「サンライズステーション」毎週月~金曜 7:30~10:00(金曜のみ9:45まで)の中の

毎週金曜 午前9時5分ごろ~ 『濱松和夫の+i ~快適LIFEのススメ~』というコーナーで聞くことができます。

メインパーソナリティの甲斐田さん、元気いっぱいな中里玲奈さんとともに

3人で住まいや暮らしについての話をしています。

是非お聞きください!