8月24日(土)・25日(日)・31日(土)・9月1日(日)【見学会】自然とともに暮らす平屋の家

【コラム・かいてきライフ】vol.11 ~長崎清水宇都店様より・後編~

長崎清水宇都店訪問編第2弾!!

 

前回の記事はこちら!

 

 

先日、浜松建設によるリフォームで生まれ変わった長崎清水さんの諫早宇都店に濵松社長とお邪魔しました。

リフォームポイントをうかがう前に、美味しいかまぼこをたくさんいただきました!清水社長、ありがとうございます!

お腹が満たされたところで、濵松社長!本題にいきましょう。

 

最初に「ちょうどいい広さ」と言われましたけど、具体的にどういうことでしょうか?

 

濵「そうですね、商品の種類とか数とかを考えて、商品を並べた時に商品がいい感じに見えるかということですね。空間が空きすぎているよりギュッと詰まってたほうがよく見えるんですよね。それで、広かった一階のフロアの半分ぐらいに仕切りました。」

 

 

この壁や建具はもともとなかったんですね。でもレトロな雰囲気で、前からあったように見えます。

 

「実はこの引き戸は奥さまのコレクションなんです。こういうのも買って集めてらっしゃったんですね。」

 

 

清「良いと思ったものはとにかく買ってくるんですよ。この引き戸は2階に置いてたんですが・・・」

 

濵「せっかく良い雰囲気の引き戸なんで、使いましょう、と。この戸の大きさにピッタリの大きさで枠を作って色を合わせたらバッチリはまりました。」

 

そして壁も作られたんですよね。

 

濵「壁も、普通に壁だけで仕切ってしまうと面白くないなと思って。この奥の部屋の窓から外の景色が見えるんですね。本明川が見えるんですよ。壁で仕切ってしまったらもったいないなと思いまして、壁をガラスで抜いて景色とつなげてみました。ただガラスをはめるだけだと面白くないので、竹を並べてみたんですね。」

 

 

おー!しっかり外が見えるし光も感じられていいですね。それと、竹がいい味出してます!

それと、上のひさしもやっぱり作ったんですか?

 

 

濵「そうですそうです。作りました。」

 

清「これが評判いいんですよ!」

 

アクセントになってますもんね。そして全体的にレトロ調で統一されています。この棚はどうしたんですか?

 

 

清「これも妻のコレクションです(笑)」

 

濵「いい棚なんで、表に出さないともったいないですよね(笑)すごくオシャレになります。玄関の水が出ている甕もそうですよ。これなんかもいい甕ですよね。後ろのアンティークな仕切りも奥さまのコレクションで、メリハリをつけるために置きました。・・・これ、水の音が出てないですね・・・ちょっと水が多いみたいですね・・・」

 

 

お、すぐできるリフォームですね!(笑)

 

濵「これで大丈夫です(笑)」

 

改めて清水社長、リフォームを終えていかがですか?

 

清「お客様の評判もよくてすごく喜んでいます。濵松社長のセンスを尊敬してますし、ものづくりに対する熱意は異業種ながら共感します。我々も一緒、お客様への思いが一番大事なことですから。」

 

 

 

長崎清水宇都店 お店の情報はこちらです!

**************************************************************************************

 

 

快適な暮らしや住まいについてコラムを書いてくださる甲斐田さんと濵松社長のコーナーは、

エフエム長崎の「サンライズステーション」毎週月~金曜 7:30~10:00(金曜のみ9:45まで)の中の

毎週金曜 午前9時5分ごろ~ 『濱松和夫の+i ~快適LIFEのススメ~』というコーナーで聞くことができます。

メインパーソナリティの甲斐田さん、元気いっぱいな中里玲奈さんとともに

3人で住まいや暮らしについての話をしています。

是非お聞きください!