8月24日(土)・25日(日)・31日(土)・9月1日(日)【見学会】自然とともに暮らす平屋の家

【コラム・かいてきライフ】vol.16 ~いさはや・西部台の家お宅訪問~

今週のコラムですが・・・。

風の森のガレットとクレープのお店「アメリ」で女子会の後編は次回のコラムで。

というのも、またまたいい感じのお家が完成しそうだというので。

まだ工事中でしたが、諫早の西部台まで見に行ってまいりました。

このエリアは新築の家が次々と建っているキレイな団地です。

 

 

ということで完成見学会のご紹介です!

 

 

8月25日(土)と26(日)の二日間、完全予約制で個別案内による完成見学会が行われるんですね〜。

 

このお家、ちょっとおもしろいですよ!何がおもしろいって、その間取り。

 

 

 「5LLDDKK」

 

これ、チラシでこの文字を見たとき、誤植かなって思いましたよ。それか乱視がひどくなったかと。だってよく見るのは「5LDK」ですから。でしょ?

 

実は、オーナーさんのご希望で、3世代が適度な距離感で暮らせるように2階にもキッチンとリビングがあるという構造なんですね。

 

1階にキッチン、リビング、和室、寝室、洗面、風呂、トイレ、そしてウッドデッキ。2階にキッチン、リビング、寝室、子供部屋、洗面、トイレ、バルコニー。3世代の同居でありながらそれぞれの生活スタイルを尊重して、別々のものと共有のものを1つの建物の中に入れたという、これからの時代ニーズがありそうな間取りですね!

 

では予習ができたところで、工事中にすみません!お邪魔します!

 

と!

 

玄関に入ると、ホール正面の壁はオシャレな木の格子デザイン。

 

 

 

 

お客様をお迎えする上質な空間。ここでワタクシ、気がつきました。玄関の横に大きなシューズクローゼットがあり、もう1つ部屋の中につながる動線を。そうか、お家の人はこっちで靴を脱いで上がるのか、と。シューズクローゼットは広いしドアで仕切られているし、そして上がった所には収納棚と床下収納があって何かと便利そうだし、置いているものをお客様から見られることがないってのがいいですね!いいアイデアだな〜!これは現地で是非チェックしてほしいポイントです。

 

次は洗面&お風呂です。

 

 

 

 

オーナーさんの「木をたくさん使ってほしい」という希望があったそうですが、この洗面がまさに木がたくさん。床も壁も天井も棚板も木・木・木。これだけ木に囲まれるとホッとしますね。ただ気になるのは、お風呂から上がる所は濡れてしまう問題。木の床がずっと濡れるのはいいんだろうか、と思ったら。

 

 

 

 

ここだけタイル〜!なるほど、濡れても安心のタイルでした。

ではお風呂を開けてみると・・・

 

 

 

 

一般的には2畳の広さなんですけど、それよりちょっと広いんです。お子さんと大人が一緒に入ってもゆとりがあるし、おじいちゃんおばあちゃんにとっても安心の広さですね。

 

 

1階のトイレも壁・床・天井が木です。そんな中、アクセントになっているのがこの洗面ボウル。

 

 

 

 

きれいな青ですね〜。いろいろ見て回って選ばれたんでしょうか。夢のマイホームで使いたいアイテムをショールームで見て回ったり、ネットで見つけたりするのは楽しい時間ですね。

 

 

さあ、1階のキッチンとリビングです!広さは合わせて18畳くらいでしょうか。1階はおじいちゃんのこだわりキッチンだそうで、背面に収納棚、カウンターの横に飾り棚があり、そして何と言っても幅55センチの広々カウンター!

 

 

 

 

これだけ広いとこのカウンターに椅子を並べて食事ができますね!なんかお寿司屋さんみたい。聞けば、親子で釣りが趣味だそうですから、もしかすると本当にお寿司屋さんを開店できるかもしれない!こんなふうに。

 

 

 

 

大将!とびっきりのネタ握ってよ!

 

 

ではリビングのこだわりポイントを。まずは造作のテレビボード。

 

 

 

 

周りのナチュラルな木の色を使っているんですね。壁とか天井の梁とか。キッチンのカウンターもそうでした。畳の和室もありますし1階は全体的に和風テイストかな?と思っている所に洋風のアクセント。ウォルナットを立体的に組み込んだテレビボード、かっこいいですね!

 

 

南側には軒が出て直射日光と雨が入ってこない木のウッドデッキがあり、北側にある寝室にも木が多く使われて、さらに壁もベージュの塗り壁。ほっこりする1階です。

 

 

では2階に上がりましょう!階段を上がるともう1つのキッチン&リビングが。

 

 

 

 

息子さん家族が使うこのスペース、1314畳くらいですが充分の広さを感じます!キッチンに注目すると、カフェ風のかわいらしい木調。ドラマに使われそうなキッチンですね〜。リビング側から見てみるとこんな感じです。

 

 

 

 

キッチンの後ろ、冷蔵庫や棚を並べる壁は、天井までくっつけていないので、その奥の窓からの光を感じるし開放感があります。2階のキッチンにもカウンターがあって、バタバタしそうな平日の朝食もサッと済ませることができそうですね。木のナチュラルな色とダークブラウンの色、そして壁の白という配色の中にきれいな青がアクセントになっていてオシャレだな〜。ダークブラウンの木を組み上げたテレビ棚も造作で、収容力抜群&飾って見せるのが楽しそう。

 

 

2階の部屋は主寝室と子ども部屋。主寝室は息子さん夫婦が寝る場所。これはゆっくり休めそうだなと思ったのは、天井です。

 

 

 

 

壁は白だけど天井はダークブラウンのクロス。ベッドに横になった時に見上げて目に入ってくる色ですから、寝室天井の色の選択は重要ですよね。天井が高く感じない重厚な色ですし、配色は違うけどゲストハウス居里の寝室に近いものを感じました。

 

 

2階のもう1つの部屋の子ども部屋は割と広いです。13.5畳くらいでしょうか。そして入り口が2ヶ所あります。

 

 

 

 

ということは・・・将来お子さんが2人になって別々の部屋が必要になった時、壁を作って分けるこのができるようにしてるんですね!将来を見据えた間取り設計。後で「こうしとけば良かった」を少しでもなくすように家族みなさんでいっぱい考えられたんでしょう!

 

 

そんな2階にもトイレと洗面所があります。

 

 

 

 

キッチンと雰囲気がよく似ている木調の洗面台。この時点ではまだ鏡がついてなかったですが、完成見学会ではもちろん出来上がってますのでぜひご覧ください!

 

 

1階と2階のそれぞれにキッチン&リビング、洗面、トイレを配置する、これからの家のカタチ。参考にしてみてくださいね!!

 

いや〜、今回もいいお宅を見せていただきました。とびっきりのネタでした。ごちそうさまでした(笑)

 

 

見学のご予約はこちらから

 

**************************************************************************************

 

 

 

快適な暮らしや住まいについてコラムを書いてくださる甲斐田さんと濵松社長のコーナーは、

エフエム長崎の「サンライズステーション」毎週月~金曜 7:30~10:00(金曜のみ9:45まで)の中の

毎週金曜 午前9時5分ごろ~ 『濱松和夫の+i ~快適LIFEのススメ~』というコーナーで聞くことができます。

メインパーソナリティの甲斐田さん、元気いっぱいな中里玲奈さんとともに

3人で住まいや暮らしについての話をしています。

是非お聞きください!