12/15(土)~12/16(日)【見学会】「いさはや・森山町の家」 (予約制)

【コラム・かいてきライフ】vol.31 ~しまばら・南安徳の家訪問~

12月に入り、だんだん慌ただしくなってまいりました。目の前のことをこなすので精一杯だけど、ちゃんと将来を考えて計画的に行動しないといけない事もあります。

家づくりもその一つ。今、漠然とでもマイホームの事を考えているそこのあなた!最近ニュースでも取り上げられているように、消費税増税が来年10月に迫っています!

家は生涯で一番高いお買い物。2%はめちゃくちゃ大きいですよね!もう一度、このコラムの22本目をご一読ください!そろそろタイムリミットが・・・。

 

そんな時、浜松建設では2週連続で新築物件の個別案内会を開催!完成したばかりの家を見て、スタッフとお話をし、夢実現への第一歩を踏み出しませんか?

 

特に128日(土)と9日(日)に開催の『しまばら・南安徳町の家 完成見学会』。ここのお宅は参考にしたい部分がいっぱいです!そう、またまた見学会直前の家にお邪魔してきましたのでレポートします!

 

まずこちらの家の特徴は「普賢岳と有明海を臨むスキップフロアの家」。

 

 

「スキップフロア」のくだりは後程述べるとして、「普賢岳と〜臨む」の部分、ここですね。そうです。この家、ロケーションが抜群なんです!近くには「がまだすドーム」や「道の駅みずなし本陣ふかえ」があり、国道251号から一本入った場所。西側には普賢岳、東側には有明海、「望む」ではなく「臨む」の漢字が相応しいほど、すぐ近くに見ることができる土地なんですね!素晴らしいの一言!

 

・・・と、普通だったらここで普賢岳や有明海の写真の一つや二つを掲載するとこなんですが、取材に出かけたこの日は曇りでもや気味、しかも日没直前!いい絵が撮れなかった〜!

 

しかし!こんな状況でも家は素晴らしかった!外観です!

 

 

 すでに外構がほぼほぼ出来上がっていました!門柱がかっこいい。アプローチの植栽もきれいに植えられていました。そして右側を見てください。ガレージスペースが広いんです!通常で縦に2台分、でも奥行きがあるから来客があれば更に2台ぐらい入れそう。4台いけるかも!?

 

そしてガレージの天井の高さと建物の左側の玄関ドアとか窓とかの高さを比べてみてください。ガレージの方が低いですよね!車高は一般的にそんなに高くないため、ガレージ天井高を低く抑えているわけです。それがどういう効果を生むのか・・・その答えは屋内に入ってから。まずはガレージに入りましょう。

 

 

いやぁ、広いですね!そしてやはり天井の低さを感じますが、いやいやこれだけあれば車を駐めるには十分ですよ。天井高は2メートルですって。この天井や格子などに木を多く使っているのも特徴的ですね!品のあるかっこよさを感じますし、あと、ココ!

 

 

ココはガレージ入り口の裏側なんですけど、見てください。上のバルコニーに溜まった雨水を流す排水樋を垂れ壁を作ることで正面から見えないようにしてるんです!設計上ココにないといけない排水樋。でも家の正面から樋が見えたら、なんか・・・でしょう?樋を隠すためにちょっとだけ壁を作ったんですね。家をかっこよく見せるための工夫でした。

 

にしてもやはり屋根付きのガレージはいいですね〜。雨でも濡れずに車から乗り降りできる!東の有明海側にウッドデッキがあって、そこに勝手口があるので雨の日は大活躍です!階段もデッキの中に収めて車の出し入れがしやすい!

 

 

あれ?さっきのガレージの写真の中にもう一つドアがありましたよね?あれが勝手口だったと思ったら、あれは実は収納です。階段の裏側に当たるところを利用して収納に。ちょっとした隙間があれば収納として活用しますよ〜!

 

ちなみにウッドデッキは南北に横長で広々!

 

 

想像してみてくださいよ。朝日と有明海とがまだすロードを見ながらウッドデッキで過ごす朝のひととき・・・。この軒裏の板張りも柔らかい印象で、すごくいいでしょ?

 

では玄関の方に戻って、正面にある格子戸を見てみましょう。

 

 

家の顔に当たるこの面で、アクセントになっている、木の縦格子の建具。家具の町・福岡県大川市の前田建具さん製作のもの。この家のために作っていただいたんですって!材料は杉なんですって。でも床で見る色とは違って、なんかこう、色が濃いでしょ?これは杉の「赤身」といって、木の芯に近い部分を使っているからなんですって。水に強くて耐久性があると言われている反面、芯に近いため数が取れないんですね。この色の杉は貴重、ならばナチュラルな色のまんまでということ。中は・・・

 

 

エコキュート!場所とるし存在感あるんですよね!これを建具で隠す工夫。しかも開閉できるギリギリに収まるように、また中の窓もちゃんと開閉できるように緻密に計算されているんです!職人技!

 

さて。お気付きですか?ここまで私、まだ家の中に入っておりません!()

外だけでこのチェックポイントの多さ!では満を持して・・・お邪魔します!

 

 

 

玄関はいってすぐ右にシューズクローク。ホールに上がって右に廊下からのトイレと洗面台。

 

 

洗面台はオーナーさんご希望の造作、つまりオリジナルです!ホールから見ると、廊下の幅にぴったりになるような寸法の鏡を選ばれているのがポイント!視覚的にも違和感がないように、むしろ広く感じるように、ということでしょうね。しかも棚多めで便利。

 

左側には6畳の和室。

 

 

い草の香り!日本人ならい草でしょ!そしてまたまた杉の赤身を発見!やはり前田建具製。今度は障子に使われていました。そして窓からは普賢岳!(注:暗くて写真撮れず)

 

そして東側には広いキッチン&リビング!

 

 

ここですよ、ここ。さっき外からずっと気になっていたウッドデッキと繋がるリビングは!外に向く大開口の窓が2組も!リビングから眺める有明海は格別でしょう!(注:暗くて写真撮れず)

 

 

高く、勾配になっている天井には無垢の木の板を貼りたかったそうで使ったのはヒノキ!そしてキッチン背面には造作の棚。サイドにも造作の棚。キッチンカウンターの表面にも飾り棚。柱と柱の間にも小物のディスプレイができそうな棚!使用している木材はタモが多く、色あいの良さ、物を置いた時の色の配置のしやすさがあるような気がします。ちなみにリビングのTVボードも造作で、やはりタモを使用。取っ手部分はアンティーク調の黒のアイアンで統一。女子力が高そうな色合いリビング&キッチンですね!

 

ちなみにキッチン裏はパントリー。

 

 

収納能力抜群そう!だけじゃなく、奥のスペースは、物干し竿を天井から吊る予定で室内干しスペースに!勝手口から出入りして家事動線もバッチリですね!

 

では次に2階へと向かいます。階段を上って9段目。左側に寝室登場。

 

 

あれ?階段の段数、少なくないですか?そうなんです!お待たせしました。ここが「スキップフロア」!寝室の真下はさっき私がいた、あの天井高が低いガレージ!2階より数十センチ低いところ、階段の途中の高さの場所に部屋があるんです!しっかり広さもあり、奥行きのあるウォークインクローゼットも。

 

そして逆側にはバルコニー。

 

 

洗濯物はもちろん干せますし、普賢岳を眺めることができます!(注:暗くて以下略)

 

で、残りの1014段上ると2階に到着。このスキップフロア感を写真で見てください!

 

 

 

 

立体感があってトリッキーでおもしろいですね!スキップフロアにするとこういう効果が生まれるんです。さて、2階にも造作の洗面台とトイレがあり、そして有明海を一望できる書斎!(注:以下略)

 

 

個人的にはこのブルーのクロスが好きです。

 

更に2つの部屋があります。壁と思いきや・・・

 

 

この穴が空いてる部分にこの後取っ手を付けるそうで、取っ手を持って上に持ち上げると真ん中の建具が取れ、あとは両サイドの建具を両手で持ち上げて取れば一つの広〜い部屋になる!家族の将来によって使い方は自由!この工夫、勉強になります。完成見学会で見てみてください!

 

2つの部屋はやっぱり子供部屋になるのかな?1つは普賢岳ビュー。もう1つの有明海ビュー。あなたはどっちの部屋を選びますか?妄想しながら楽しめる完成見学会、是非ご参加ください!当日、天気がいいといいなぁ!

 

普賢岳と有明海を臨むスキップフロアの家 見学予約は

こちらから