8月24日(土)・25日(日)・31日(土)・9月1日(日)【見学会】自然とともに暮らす平屋の家

【イベント報告】南島原市でサッカー教室開催

2019年2月17日(日)南島原市有家町 有家総合運動公園で、

私たち浜松建設が応援しているサッカーJ2 V・ファーレン長崎様のご協力を得まして、

3回目となる「子どもサッカー教室」を開催しました。

 

 

南島原市や雲仙市の小学1年生~6年生、約120人のサッカーをしている子供たちが集まりました。

 

 

はじめにサッカーの国体選手だった濵松社長が

「プロとして活躍する南島原市出身のサッカー選手もいます。プロ選手なりたいという夢を持ちながら、今日はいろんなことを習って、サッカーの楽しさを体感してください」と挨拶。

手がかじかむほどの寒さの中でサッカー教室が始まりました。

 

 

今回のサッカー教室はチームの垣根を越えて、学年別で行われました。これにはさまざまなチームの子どもたちと交流することで、自分のレベルを知り、そしていいプレーをするほかの選手から刺激を受け、技術力の向上を図ろうとする目的があるそうです。

 

それぞれの学年別で

★ウォーミングアップのビブスとり鬼ごっこや

★ボールコントロール

★1対1

★ドリブル練習

★四角パスなど

が行われました。

 

V・ファーレン長崎 サッカー普及課の井上裕介さんは

「子どもたちは、中学、高校と成長していくうえで、同じチームや同じコーチからずっと習うわけではありません。さまざまな人たちとの関わりを通して、人間性の育成もこのトレーニングでは行っていきたいです」と話していました。

 

 

長くV・ファーレンを支え、引退したばかりの前田悠佑インストラクターも指導にあたりました。

 

 

Jリーグマスコット総選挙で2位となったヴィヴィ君もかけつけてくれました!

 

 

今回のサッカー教室が、さらなる技術の向上や夢への後押し、そして友達作りのきっかけになれば幸いです。

 

みなさんの今後のご活躍を期待しています。

参加してくださったみなさんありがとうございました。

次のサッカー教室も企画中です。またぜひ参加してくださいね!