8月24日(土)・25日(日)・31日(土)・9月1日(日)【見学会】自然とともに暮らす平屋の家

【コラム・かいてきライフ】vol.64 ~南島原市・薬局&カフェオープン②~

まずは3つ前のコラム(リンク)をご覧ください。

【コラム・かいてきライフ】vol.61 ~南島原市・薬局&カフェオープン①~

 

南島原市西有家に新しく完成した「KAKKON CAFÉ&亀山薬局」についての続編です!

 

 

 

内田医院のお隣の駐車場として空いていた土地に完成した、オシャレな2階建ての建物。1階がカフェで2階が薬局。外観から内装までこだわりを詰め込んだ、オーナーで薬剤師の亀山貴康さんにお話をうかがっていました。そんな時!

 

 

 

濵松社長「ども!こんにちは!」

亀山さん「お世話になります!どうされたんですか?」

濵松社長「今からFMひまわりの生放送なんです。その前に寄ってみました(笑)今日ここのことをラジオで喋りますよ!」

 

と、出演15分前のギリギリでの訪問。

 

濵松社長「亀山さんが『ウッドデッキを設置したい』とおっしゃってたんで南側につけたんですが、一段下のそのソファから上を見上げるデッキの感じがまたいいでしょ?」

亀山さん「濵松社長にはこちらのどんな注文も『やりますよ』と言っていただいて、全て実現出来ました。カウンターも希望通りになりましたし。」

濵松社長「カッコいいカウンターですよね。」

 

 

 

長いフラットなカウンターですね!ショーケースには手作りのケーキ。そしてシルバーのエスプレッソマシンが。

 

亀山さん「昔からコーヒーが好きで、知り合いからエチオピアのコーヒーを分けてもらって自分で楽しんでいたんですが、お店を開くならこれをお客様に飲んでいただきたかったんです。エチオピアのコーヒーをカッピング(ワインでいうテイスティング)をして購入しているので、品質には自信があります。エスプレッソマシンはイタリアの『ROCKET』社製。ハンドドリップするときは手順をシンプルに。こういうスペシャリティコーヒーを楽しむにはコーヒーのオイル分を残した方がいい。オイルから出てくる香りがいいんですよ。うちはドリップで勝負したいので、スタッフがドリップしているところを見ていただくためのフラットなカウンターでもあるんです。」

 

 

 

スタッフさんのドリップの腕を見せることもお店のパフォーマンスとしての演出なんですね。先ほどからアイスコーヒーをいただいてますが、本当に美味しいです。

 

濵松社長「僕もコーヒーをいただきたいところですが、そろそろ生放送に間に合わないんで、行きます(笑)」

 

 

あら!おつかれ様です!気をつけて行ってらっしゃい!さて、亀山さん。このカウンターのこだわりはまだありますか?

 

亀山さん「実はこのカウンター、秘密があるんですよ(笑)」

秘密?こんなオープンなカウンターに隠された秘密って何でしょう?

亀山さん「正面が収納になってるんです。」

 

 

 

 

おぉ!これは気づかなかった!何かと便利そうな収納ですね。

 

亀山さん「この収納といい、入り口のデッキ部分といい、建築家のアイデアや応用力には驚きましたね。入り口のデッキは、少し傾斜のなっているアスファルトに対してしっかり平行を保ち、ドアを開けて入りやすいように幅を調整していただきました。ここも色々やりとりしましたね。」

 

 

 

ここはちょうど正面入り口だから、お客様の印象に残りますもんね。そしてその入り口すぐのところにもテーブル席があります。

亀山さん「このテーブル席も人気なんですよ。」

 

 

 

 

いいですね!ホント雰囲気がいい。

亀山さん「南島原ですけど、若い方がここを目的地としてドライブしてくるような場所になってほしいんですよね。お店の外観や内装もですけど、さっき言ったコーヒーや、ウチならではの漢方をブレンドした紅茶やハーブティーもありますし。」

 

 

 

これは漢方の専門家ならではの商品ですね!和紅茶と漢方で用いられる紅花のブレンドだったり、ルイボスティーやウーロン茶を使ったブレンド茶が買えたりここで飲めたりするんだ。こういうブレンドって大変だったんじゃないですか?

 

亀山さん「そこは薬剤師ですから、調合するのは得意です(笑)」

なるほど!(笑)

亀山さん「せっかくですからハンバーガーを食べていきませんか?美味しいですよ。パテはお肉屋さんに特注で作っていただいてます。食感や肉の脂のバランスを考えてます。パンも特注で作っていただいたものを使ってるんです。」

是非!メニュー見たときから食べてみたかったんですよ(笑)じゃあ作っていただいてる間に、2階の薬局を見せてください!

亀山さん「いいですよ、どうぞ」

 

 

表の階段からだけじゃなく裏のウッドデッキからも2階の薬局に行けるんですよね!さあ、階段を上がって、入ってみましょう。

 

 

 

 

 

薬局では薬剤師の顔に戻った亀山さんです。薬局の中は白と木の色がベースになっていて明るく清潔感があり、天井が広くて開放的です。入り口とカウンター・待合スペース・薬剤師さんの部屋がスキップフロアになっていて面白い。梁や照明の配置もオシャレです。

 

お仕事の邪魔をしてもいけないので、1階に戻ると・・・

 

 

 

 

おおおおお!美味しそう!

 

スタッフ「ハンバーガーのソースはバーベキューとサルサの2種類からえらべるんですが、今回はバーベキューソースにしました。サイドのポテトグラタンは地元南串山のジャガイモを使ってます。」

 

地産地消ですね。にしても大きなハンバーガーですね!ではいただきます!

 

 

 

 

う、うまい!!肉汁が!この食べ応え!これランチタイムで750円ですか!お得!

スタッフ「他にもパスタやサンドイッチ、ケーキもありますし、また食べに来てください!」

来ます、来ます。食べてコーヒーやブレンド茶を飲んでゆっくりしたいですね。

 

 

 

亀山さん「去年は地元の『ありえ浜んこら祭』の会場で皆さんが楽しめるバーを作ったりしたんですが、今後はこの『KAKKON CAFÉ』でイベントができますよね。今はお昼のみの営業ですが、夕方や夜も営業できるようにしたいです。今も若い方から年配の方までゆっくりされているのを見ると『作ってよかったな』って実感しますね。昔からある『かかりつけの薬局の存在意義』みたいなものを見直してほしいんです。処方箋だけじゃなくて、薬剤師さんと体のことを相談する文化をもう一度根付かせたいという思いもありますので、皆さん気軽に来て気軽に相談してください。」

 

皆さんも是非一度、、、あれ?浜松建設の大工さんが来ましたね。

亀山さん「ウッドデッキの仕上げをお願いしてたんです。じゃあ、ちょっと現場監督として行ってきます(笑)」

 

 

『KAKKON CAFÉ&亀山薬局並木通り店』

南島原市西有家町須川1666-3

HP (リンク)