10月5日(土)・10月6日(日)【見学会】暮らしに合わせた収納と、奥さま目線の家

【コラム・かいてきライフ】vol.66 ~自然とともに暮らす平屋の家潜入!~

通常ですと新築住宅の完成見学会は「週末土・日の2日間開催」が多いのですが、今回はなんと!土・日・土・日の合計4日間の開催!!完成見学会はオーナーさんのご厚意で行うこ とができるのですが、今回は特例中の特例とも言える4日間開催。オーナーさんへの大きな感謝の気持ちと浜松建設のいつも以上の熱意を込めて、みなさんをお迎えいたします!

 

8月24日(土)、25(日)、31日(土)、9月1日(日)、場所は雲仙市吾妻町です。キッチン&リビング、主寝室、子ども部屋の他に、和室やウォークスルークローゼットを配置した平屋です。

 

とにかくですね、見どころがたくさん!たくさんありすぎて、全て伝えようとするととんでもない文章量になります!ですのでポイントを絞って書きますので、もしよかったらこの 記事を踏まえて実際に家を見に来てください!

 

ポイント① リビングが凄い!!

 

 

 

 

20畳のリビング&ダイニングに、8 畳強のキッチンスペース!!L 字型ですが建具で仕切ったりとかしていないので、メリハリがありながら広くて快適で解放的なんですよね!

 

 

 

 

床はナラの木の床材。シックで落ち着きがあり、杉の床に比べると硬めの素材ですが、肌触りがいい!そしてリビングに端っこには夢の薪ストーブが設置される予定です!柔らかい炎の揺らぎを見てくつろぐひとときを演出。完成見学会には設置されている予定です。そして天井は・・。

 

 

 

カッコいい木の格子デザイン。これがまた温かみがあってナチュラルテイストを高めてく れています!格子の木と木の間にLED ダウンライトが埋められています。ダウンライトを 格子の間に埋め込んで目立たなくするというさりげないデザインは、その格子と格子の幅の間隔を等しく並べるため、細かい計算を行った上で完成したんですって!

 

リビングの秘密は、もちろんこれだけじゃありません!!

 

 

 

大きな一枚引きのサッシで、外側は縦格子デザインのもの。リビングの薪ストーブ近くにコ ーナーに集められていて、そして全開したらサッシが隠れます!つまり、リビングから庭の木々やウッドデッキを広〜く眺めることができるんですね!

 

 

 

そして、何か違和感ないですか?普通サッシ窓というのは、例えば窓を開けても「窓枠」は 残る、というか壁についてますよね?「何、当然のことを言いだすの?」と思われたかもしれませんが、真上の写真をよ〜く見てください。窓枠がないんです!リクシル社の製品 「TOSTEM LW」(今すぐ検索!笑)といって、より外との繋がり感をアップさせるためにサッシ窓で、最大限の開放感を実現させた窓といっていいでしょう!まるで四季折々の風景を 額の中に切り取ったよう。あれ?でも、どうやって開けるの?普通のサッシは枠に引き手が ついてますが、これは枠がない。まさかガラスに直で触って開ける?それじゃあいつも指紋がついて大変!実は写真の私の手の付近にハンドルが隠れてて、それをペコっと出してカチャッとするとサッシが少しだけ動くんです!

 

 

あとは隙間に手を入れてスライドして開ける。こんなの初めて!!あ、そしてサッシが重い。 なんと!1枚100キロもあるんですって!ガッチリしたいい窓なんです。でもスライドし たら凄く重いってことはなくてスーッと滑らかに動きます。縦格子の部分はオプションで付けられるそうです。

 

ちなみにこのコーナーの柱、立派ですよね!大きさがまるで大黒柱のよう。

 

 

 

ですが!これ!大黒柱じゃないんですって!つまり一本の丸太を加工したものじゃないんですって!大黒柱っぽく見せてるんですって!この秘密は是非、現場でスタッフに聞いてほしいと思います!この工夫はすごいです!

 

それから・・・ダイニングスペースには!

 

 

え〜、これはダイニングスペースではなく(これじゃ狭くて暗くて食欲わかない)ダイニングスペースの壁の裏側。ここには、水槽が入ります!!この裏部屋に水槽のシステム設置して、くり抜いた部分にピッタリの水槽がはまって、ダイニングから見えるというわけです!だから管理用の水道がついていますし、その横には収納棚があって無駄なスペースを作りません!

 

ちなみにダイニングテーブルは、オーナーさんが一目惚れして購入したナラの一枚板を使 ったテーブルを置かれるそうで、むしろこのナラのダイニングテーブルを中心に間取りを計画したそうです!そこに水槽が。まるでお客様を迎える水族館のような空間づくり!

 

そしてキッチンは周遊できるアイランド型。お庭・ウッドデッキを見ながら料理ができます。 いいですね〜。そしてキッチンはクリスタル天板ですよ〜!

 

 

景色も手元も最高!奥さん、ますます料理が楽しくなりそうですね!

 

ふと天井を見上げると。

 

 

なんか違うな〜と思ったら、まず!LED ダウンライトが小さい!ライトの存在感があまりな くて見栄えがいい。そして、クロスじゃない!湯布珪藻土を塗った天井なんです。今まで見たところは壁は塗りで天井はクロス、もしくは壁・天井ともにクロスというパターンでしたが、壁も天井も塗りというのは私は初めてです!この家では、キッチン&リビングの他に和室や玄関ホールなどが塗り壁・天井で、そのほかはクロス、と素材を使い分けてありました。

 

おっと!リビングだけでもうこんなに!では駆け足で!

 

ポイント② 生活に沿った動線計画!

 

 

例えば家に帰ってきて、玄関からどう動くか。この家では、玄関入る(ただいま!)→シューズクローゼットで家に上がる→ご夫婦はウォークスルークローゼットで上着を脱いだり→寝室→ご主人は書斎に荷物を置いて→リビング。お子さんの場合はシューズクローゼットから直接リビングへ。お客様はシューズクローゼットを通らず玄関から上がる(お邪魔します〜)、というように考えられた動線になっています!

 

そして台所裏に洗面所、そして脱衣室&洗濯機置き場、洗面所から外に出られて物干しスペース、といった感じです。

 

 

ポイント③ 家の中心にウッドデッキ!

 

 

 

リビング、キッチン、和室に囲まれたスペースにウッドデッキを配置!まさに家の中心。あれ〜、ウッドデッキに四角い穴が空いてますよ?デッキの材料が足りなかったのかな?芸人さんを引っ掛けるドッキリの落とし穴かな?

 

いえいえ、ここに「ハナミズキ」を植えられるそうなんです!ウッドデッキの中に緑!家族の笑顔がずっと続きますように、という願いが込められているのかもしれません。

 

ポイント④ お風呂は大事!

 

 

ここはお風呂がいいんですよ!!憧れの・・・肩からお湯が出るTOTO製のお風呂です!肩からお湯が出ます!そして天井からシャワーが!床はお湯が出て掃除をしてくれる床ワイパー!そして蛇口の下にある間接照明!リゾートホテルのようなお風呂です!これは、一度でいいから入らせていただきたい!「お風呂いただきます」!

 

でも、いい物を選べばコストが気になるところですよね?そんな時は家全体を考えて、出費してでもこだわるところと、お金をかけず抑えてもいいところをバランス良く組み合わせることができますので、そこは浜松建設のスタッフさんにご相談を!

 

ポイント⑤ 濡れずに家に入れる!

 

 

今人気の屋根付きガレージです!雨でも濡れずに家に入れます。玄関横にすりガラスのドアが見えますが、これは外部収納の入り口。ここに収納があるのって、意外と便利!そしてガレージの天井や軒の裏側は杉板です。アースカラーの外壁に杉板の天井、そして木の縦格子。イメージは「自然と共に」。

 

ポイント⑥ 将来間仕切りができる子ども部屋!

 

 

 

将来的に2人のお子さんが欲しいとご希望のご夫婦。今は1つの子ども部屋ですが、ちゃんと建具とクローゼットは2つずつ。部屋の真ん中に壁を立てれば、子ども部屋が2つになります。将来アレンジができるように、建築時から工夫をしておけば安心ですよね。

 

ポイント⑦ とにかく隅々まで見てほしい!

 

 

使ってある商材、窓の切り取り方、収納の場所、色使い等とにかく見応えのある家だと思い ます!私もこういう取材で多くの新築住宅を拝見してますが、初めて見るパーツも多かっ たです。上の写真の金具が付いてない建具とか。実際にご覧になって、スタッフさんに色々質問していただくと、理想の家づくりに近づけると思います!

 

雲仙市吾妻町の完成見学会のについてはこちらから!

自然とともに暮らす平屋の家 見学会