10月26日(土)~10月27日(日)【見学会】吹き抜けに包まれたリビングと書斎と家族とわたし

【コラム・かいてきライフ】vol.73 ~諫早市飯盛町の家紹介~

マイホームを建てるなら、自分たちの「理想」や「希望」は出来るだけ詰め込みたいですよね。ということは、「理想」や「希望」を整理することからマイホーム作りは始まると思います。

 

今のライフスタイルはどうか。今の暮らしの不満は何か。将来の家族の形はどうか。

 

いろいろと書き出していくと、自ずと「理想の家」が浮かび上がってくるんですね。

 

10月12日(土)と13日(日)に諫早市飯盛町で行う個別案内会は、「暮らしに合わせた収納と、奥さま目線の家完成見学会」です。

 

「暮らしに合わせた」「奥さま目線」・・・まさに「理想の家」。

 

台風などの影響で工期がずれてしまい、見学会も1週間遅くなっての開催になりました。実は私がお邪魔した時も工事の途中でしたが、偶然にも!オーナーさん家族に遭遇いたしまして、貴重なお話をうかがうことができました!ちなみにご家族は、単身赴任が多い旦那さんと、奥さん、6歳と4歳の姉妹の4人だそうです。

 

 

人気の平屋です!このコラムでも紹介する数が増えてきましたね〜。しかも黒っぽいサイ ディングの壁と白っぽい塗り壁のツートンで洗練された印象の外観です。

 

では、まず!「奥さま目線の・・・」の部分を探してみましょう!まず玄関から上がると家族が向かうのは、手を洗うための洗面所ですね。これからの季節、家に帰ったらすぐ手洗いうがい。大事です。

 

 

洗面台はオーナーさんご希望の造作モノです!まだ鏡は付けられていませんが、、、カウンターを木で作って、好みの洗面器をはめ込んだ洗面台。横幅が約1メートル35センチと広めです!サイドにはコンセントが着く予定ですから、お風呂上がりのドライヤーもここで という想定なんでしょうね。となると、娘さんが大きくなったら朝の準備時間に渋滞が発生しそうです。この広さだと、大人が2人並んでも余裕!

 

そして造作だと、タイルを貼ってオリジナリティが出せますよね!

 

 

タイルカフェの洗面台っぽい雰囲気です!

 

しかもこの洗面台の場所は、玄関から歩いて8歩(実際測りました!)のところにあるので、上がったら手洗いの習慣が簡単に身につきそう。

 

「奥さま目線」の次のポイントは、「生活動線」!

 

玄関から8歩の洗面台の右側は脱衣所&洗濯機&お風呂で、左側はキッチン。つまり家事ラク動線なんです!キッチンで作業中に洗濯物が出来上がる、、、といった時に、近いと楽ですよね〜!間取りの工夫で家事のストレスを少なくすることもできるんです!

 

キッチンのカウンターがこれまた造作。キッチンの逆側が棚になっていて、カウンターも広め。そして作業する側には調味料多くためのニッチ。

 

 

ニッチの奥の面がタイルでオシャレに装飾!これは完成形が楽しみです。

 

天井の方に目を移すと・・・

 

 

天井にぶら下がるように、ダークブラウンの木の板の張り出し天井が付いてます。これはオーナーさんのご希望なのか聞いてみたところ、

 

「浜松建設の担当の方に提案していただいたんです。」

 

なるほど、ではその担当者に聞いてみると!

 

「キッチンの上だけ敢えて低い天井にしてアクセントを付けたかったんです。逆に張り出し天井が付いていないリビングの方は、より開放的に見える効果があります。それと、間接照明が付いていて、その光が柔らかい空間を演出してくれます。」

 

おー!この板一枚で、そんな効果が得られるとは!見た目のカッコよさ以外にも、ちゃんと意味があったんですね!

 

「奥さま目線」は細かいところに見つけることができます。洗面台やキッチンで見られたタイルは、玄関側にあるトイレでも。

 

 

そして玄関にはニッチとガラスブロック。

 

 

かわいいですよね!!

 

続きまして。「暮らしに合わせた収納」の部分を見ていきましょう。

 

まずシューズクローゼット。2畳分もあります。

 

 

まだ作業途中ですが(汗)クロスは、本物か!と疑うほどリアルな木の板デザイン。

 

室内にもデッドスペースを作らない勢いで収納スペースがあります。和室にも押入れが。

 

 

寝室エリアにはウォークインクローゼットも。そして、ご夫婦の寝室に隣接するのは、、、

 

 

おや?外に出られるこの土間スペースは?

 

「アウトドアのグッズを置くためのスペースに、というのと、あとうちの主人は仕事柄、単身赴任が多いのですが、自宅から通う勤務地になった時に荷物を収納する場所が欲しかったんです。また次に単身赴任が決まったら、その時に同じ道具を使うので捨てるわけにもいきませんし。」(奥さま)

 

なるほど!ここだと一人暮らし用家電なんかも簡単に置けますしね!にしても旦那さん、 単身赴任が多いんですね。せっかくの新築も、あまり長くいられないなんて。

 

でも、そんな旦那さんのためにこだわった所もあるんですよ! まずは・・・ガスを使っているところ!

 

最近オール電化の家が本当に多くなりましたが、こちらの家のキッチンはガス!給湯機も、 ガスと電気のハイブリッドの「エコワン」!なのです。

 

実は旦那さん、家で料理をされる方だそうです。で、IHではなくガスの火力がいいということでガスを採用されたんですって!それと、もう一つ。

 

 

脱衣所で見つけたこの穴。ガスの差込口のようですが・・・

 

「『乾太くん』というガスを使う乾燥機を置くんです。主人が花粉症で、春先は外に洗濯物を干せませんから。」

 

花粉症ですか・・・それは、おつらいでしょうね。そんな旦那さんのための乾燥機なんですね。その乾燥機を置く台が変わった形をしています。

 

 

これも造作の台なんですが、なんか斜めになってますよね?これを置くのが浴室の扉付近なので、掃除をしやすいように斜めにカットしているんだそうです!具体的にどう掃除しやすくなるのかは、完成見学会でお確かめください!

 

さて、現在6歳と4歳の娘さん。もちろん、ちゃんとそれぞれのお部屋がありますよ〜!でも、まだ1人で寝るには早いかな〜。それでも家を建てるにあたって、それぞれのクローゼットのクロスは、自分たちで選んだそうですよ!

 

 

こちらがお姉ちゃんが選んだクロス。センスいい!

 

 

こちらが妹ちゃんが選んだクロス。大人っぽい!自分たちが選んだ思い入れが強いクロス。 クローゼットも部屋も、大事に使ってくれるでしょうね。

 

ご家族にお会いして少しお話ができましたが、とても和やかで柔らかい雰囲気のご家族でした。それを表すように、全体的に木を多用してナチュラルな空間になっていました。家族が集まるリビングなんかも・・・

 

 

檜の大黒柱に木枠。

 

 

木の格子になってる和室の天井。そしてリビングと繋がるウッドデッキ。リビングの壁は湯布珪藻土の塗り壁。自然素材に囲まれた温もりのある空間。ああ、完成形を見てみたい!ということで、家族のライフスタイルに合わせた理想が詰まった新築の家。是非見に来てください。

 

詳しくはこちらから!

暮らしに合わせた収納と、奥さま目線の家完成見学会

 

※台風接近が予想されます。当日の開催についてはこちらをご覧ください。

10月12日・13日に開催予定の完成見学会についてのお知らせ