12/14(土)~12/15(日)【見学会】リノベーションで住み繋ぐ二世帯住宅の家

【コラム・かいてきライフ】vol.81 ~風の宿りの魅力②~

さてさて、今回のコラムは完成間近の『⾵の宿り』の後編です!

前編はこちら

 

前回は仕上げ⼯事中の外構を写真多めで伝えたんですが、今回は建物の中をお⾒せします!やはり、写真多めです!以前、まだ構造材がむき出しだった頃のコラムを⾒返しながらお読みいただくと、より楽しんでいただけると思います。

 

「風の宿り」建築現場へ①

「風の宿り」建築現場へ②

 

では、早速。⼊り⼝側の「エントランス棟」に⼊ってみると・・・

 

 

建物の中はほぼほぼ完成していました!もともと横⻑の建物。⼊り⼝からは奥のガラス建具越しに、真ん中の「キッチン棟」とその間の庭を⾒ることができます。そのガラス建具の⼤きさが!そこに何もないかのよう。間違えてぶつからないようにしなきゃ(笑)

 

そして両サイドに部屋がありますが、、、確か「エントランス棟」でしたよね?だけど、上の写真の左側の部屋は、なんなら宿泊も可能じゃないかという広さの部屋!

 

 

⾓度を変えると・・・カウンターがあって⼿洗いも設置。それ以外は置物が置いてあるだけなので・・・完成したらどういうスペースになるかが楽しみですが、このスペースだけでもいいから、住むのに貸して欲しいです!(笑)って、あら?奥にも部屋が!

 

 

狭めの部屋に、すでにソファが置いてありました。このソファに座ると・・・

 

 

正⾯がガラスで、庭が⾒えるんです!広さ的にもちょうど良く寛げる場所で、このままウチに欲しい!(笑)で、⼊り⼝の⽅に戻って、今度は右側に進むと・・・

 

 

 

わ!また部屋!そして・・・

 

 

お、お⾵呂!?えっと、ここって確か「エントランス棟」でしたよね?(2度⽬)

しかもガラス張り、さらに。

 

 

この開放感!とってもラグジュアリー!これはこの後の「宿泊棟」のお⾵呂も、⾒るのが楽しみになってきましたね〜!

さて、次は。訪れた⼈すべてが感嘆の声をあげるであろう「キッチン棟」!

 

 

 

 

全⾯ガラス張り、⾼い天井、ふんだんに使われている⽊材、カッコいい⼀枚板のテーブル、、、

どこから⾒ても絵になります!庭の⽊々や草花が溶け込んでいます!そして両隣の建物のカッコいいフォルムもデザインの⼀部になっています!これが夜になったらどうなるか・・・ライトアップされた庭がガラスに反射して・・・きっと幻想的なんでしょうね!

 

 

 

もちろん、宿泊者の⽅が調理をする場所ですから、作業台や冷蔵庫スペースやパントリーも。「キッチン棟」も完成まであとちょっとです!

 

最後に、⼀番奥の「宿泊棟」!

 

 

 

 

窓をコーナーに集め、しかも建具が“消える”構造!天然の⽊や⾃然素材の塗り壁が作ってくれる快適な空間!外との繋がりを楽しめる両サイドのウッドデッキ!「こういう家に住めたらいいな」という暮らし⽅を提案する宿泊棟。素材、空間演出、デザイン等、ありとあらゆるこだわりを尽くした建物です!

 

 

室内からはこの眺め・・・浜松建設イズムを感じます!

 

 

⼤きな2枚の扉を開けると・・・

 

 

建具がT字に開くんです!この構造の謎は、完成して公開されてからのお楽しみ!

 

 

ここに檜のお⾵呂があるのに・・・

 

 

露天⾵呂〜〜!!さっきの「エントランス棟」のお⾵呂とはまた違ったタイプで、とってもラグジュアリー!ん〜!早く⼊ってみたい!

 

今回はここまで。まだ公開前、しかも完成前ですので、完成した後に詳しくレポートしますが、、、最新情報によりますと、「キッチン棟」にあった⼀枚板のテーブルは別のものに変更になったそうです!

 

濵松社⻑「もう少しカッコいいテーブルを探してくる!」

 

というわけで濵松社⻑⾃ら家具の街・福岡県⼤川市に購⼊しに⾏かれたそうです!果たして、完成形はどうなるのか!『⾵の宿り』にご期待ください!!