7月4日(土)インスタライブ配信

【コラム】新モデルハウス・H style スギの家へ

 

浜松建設では、ライフスタイルホテル「⾵の宿り」の建築の裏で、もう⼀つのプロジェクトが動いていました。それは、新しい「モデルハウス」の建築。浜松建設のコンセプトハウス [H style]を実際に⾒学することができる、その名も「スギの家」

 

 

コンセプトハウス[H style]とは、浜松建設が提案する企画住宅です。コンパクトだけど、無垢の杉の床材など⽊の⾹りや温かさや断熱など⾼い性能を備えつつ、コストを最⼩限に抑えることを可能にしたプランで、このコラムでも[H style]の新築の家を紹介してきました。

 

コストのこと、やっぱり⼤切ですよね。だけど⼀⽣モノのマイホーム、やっぱり住み⼼地にこだわりたい!

 

⽊の⾹りに癒されたい。

杉の肌触りを感じて暮らしたい。

冬は暖かく、夏は涼しく過ごしたい。

コンパクトだけど開放感を感じたい。

 

と思う⽅は是⾮!まずは3⽉21⽇(⼟)と22⽇(⽇)の「スギの家」完成⾒学会にお越しください!

 

ということで、今回も⾒学会直前潜⼊レポート!島原市下宮町に完成したばかりの「スギの家」を写真を交えてご紹介します。

 

 

 

地⾯から2階までの⾼さのある⽊の縦格⼦が、ある意味この建物のシンボルデザイン。少し前にコラムで紹介した⻑与町のコンパクトな家にもありました。外壁は塗り壁で、 ⼀部だけ⽊の板の壁。このデザインも浜松建設らしさ、ですね。ちなみに、⾞3台分の駐⾞スペースがあります。

 

 

⽊の縦格⼦の裏が⽞関。⼈の出⼊りを隠すプライバシー保護の役割にもなります。そして⽞関の扉が開く場所には屋根が。⾬でも濡れません。

 

 

 

⽞関正⾯には⽊で壁にアクセント。無造作感が良いですね!そしてシューズクローゼットは作らずシンプルに下駄箱を設置。これでも充分な収容⼒はあるんです。(広ければ広いほど、無駄に新しく靴を買い⾜したり、捨てなかったりするもんです。経験談です。)

 

 

天井の⾼さまであるKAMIYAの「フルハイトドア」を開けるとLDK。すでに家具も置いてあります!あれ?図⾯を⾒ると、約17.5畳しかないのに・・・数字以上に広く感じます! 掃き出し窓から外のウッドデッキ&庭とのつながり、そして吹き抜けになっている所の上の窓から差し込んでくる柔らかい光があるからでしょうかね。

 

置いてある家具や、付けてある照明にも注⽬!

 

 

ダイニングテーブルが丸型というのもなんか新鮮!

 

 

天井にはダウンライトがあまりないんですよね〜。かわりに壁に裸電球⾵のライトがついてます。

 

 

これがまた、放射状に光ってオシャレなんですよ!

 

 

これは「⾵の宿り」にも付いている照明ですね! キッチンまわりはこうなってます。

 

 

 

造作のキッチンカウンターはちょっと低めに。後ろの壁には棚板が。これは“⾒せるキッチン”になりそうですね!⾷器、キッチン雑貨や調味料の並べ⽅やインテリア・⼩物類のセレクトで個性が出せそうです。

 

キッチンカウンターのリビング側の⾯は、⽊⽬でコーディネート。

 

 

そしてキッチンの斜め後ろにカウンター。

 

 

幅が90センチ弱。お⼦さんの学習スペースにすれば、お⺟さんはお⼦さんの様⼦をすぐ⾒られるし、⼤⼈たちのワークスペースにも。

 

 

パントリーにもなる収納もキッチンと隣接してます。⾷材のストック、調理器から掃除道具まで使い⽅は⾃由!

 

さて、ウッドデッキは。

 

 

幅はそんなにないけど、⻑さはグーンとキッチンのところまで伸びているデッキ!縁側として、洗濯物を⼲すスペースとして、そして⼦どもたちの遊び場として、やっぱりウッドデ ッキは欲しいですね〜!特にここは南向きで⽇当たりが良く、雲仙・普賢岳と眉⼭がバッチリ⾒えるロケーションです!

 

1階残りのエリアは洗⾯所・お⾵呂・トイレ。

 

 

これ、造作の洗⾯台なんです!スッキリしてスタイリッシュ!タイルとかをアレンジすることであなた好みにカスタマイズできそうです。

 

 

トイレの奥にペーパー⼊れになるボックスがありますが・・・

 

 

蓋付きです!これ、ウチにも欲しい!

 

では、2階へ・・・。

 

おや?階段の壁のコーナーが?

 

 

壁のコーナーが四⾓の照明になってる!これも、ウチにも欲しい!

 

で、階段を上り終えると。

 

 

壁が本棚に!⼈気のブックカフェのようですね〜。で、ここで本を⼿に取って・・・

 

 

書斎カウンターで読む、と!で⽬の前には、この「スギの家」の注⽬ポイントの⼀つ。外の景⾊が窓によって絵画のように切り取られる「ピクチャーウィンドウ」!

 

 

窓越しの眉⼭の姿が最⾼です! あ、もうお気づきでしょうが、ここは吹き抜けですから2階にいながら1階と繋がっているので声もかけられるし気配も感じられる。しかも!

 

 

⼦ども部屋に⼊るところに建具がない!つまり、1階から仕切られていないんです!そして ⼦ども部屋10.5畳も仕切らず広々!お⼦さんが2⼈になったら後で壁なり家具なりで仕切りましょう、ってスタイルです。

 

 

 

仕切りがないって、広くて⾃由!

 

で、逆サイドには主寝室。こちらは建具付き。

 

 

壁の照明がとてもいい雰囲気ですね〜。窓の⼤きさや位置も絶妙で、落ち着きのある寝室になっています。あと、脚付きマットレスが置いてあるんですが、普通のベッドより⾼さが低い分空間が広く感じます!何をどう置くのかで印象が変わるもんですね。

 

 

ウォークインクローゼットは3畳の広さ。両サイドにハンガーパイプがありますが通路部分も広くて使いやすそうです!

 

いかがでしたか?コンパクトなのに住み⼼地を考えた「スギの家」。間取りもですが、家具やインテリア、照明も参考にしてくださいね!

 

 

 

参加申し込みはこちらからどうぞ!

 

H style スギの家見学会