7月4日(土)インスタライブ配信

【コラム】海の見える高台の家へ

 

 

ここは⼤村市荒瀬町。⼤村レインボーロードからちょっと登った場所。広がる⼤村湾、空港から⾶び⽴つ⾶⾏機、そして⾼速道路を⾒下ろす、まさに絶景!ここに、新しい家が出来ました!

 

 

 

はじめに書きますけど、もちろん絶景向きに窓とウッドデッキがございます。ちょっと下におりた場所から撮影した写真がこちら!

 

 

景⾊を楽しむのを邪魔するものが全くない!もうすぐ綺麗な郡川の桜並⽊、そして数年後には⻑崎新幹線が⾛る姿も楽しめる最⾼の場所に、⽚流れの屋根のかっこいい家が建ちました。

この家も完成⾒学会でご覧になれます。3⽉28⽇(⼟)と29⽇(⽇)の2⽇間です。今回も完成直前レポート、いきますよ〜!

こちらのオーナーさんは50代のご夫婦。ご主⼈は単⾝赴任で、お⼦さんも家を出て独⽴されているということで、家族の事情も反映された間取りになっているそうです。

まずは⽞関。

 

 

⽊の割合が多くて和のテイストが強めな⽞関ですね。シューズクローゼットはなくても、かなりの靴を収納できる造作の靴箱があれば⼤丈夫!

 

 

この天板の⽊の模様がいいですし、コンセントも付けてあるのでいろいろと使えます。

この家は動線がおもしろいんですね〜!⽞関をあがってすぐ左側がリビングなんですけど、帰宅したら部屋着に着替えますよね。で、ホールをまっすぐ⾏くと・・・

 

 

ウォークインクローゼットならぬウォークスルークローゼット!両側にハンガーパイプと棚がある3 畳以上の空間で、上着はもちろんバッグ等もここに置いたら外出準備がすぐにできます。帰ってきたらここで部屋着に着替えて、向こうに⾒えるキッチンへ。

 

 

壁に向き合ったL 字型のキッチンです。最近はリビングに向いたキッチンが多いですが、壁に付いたこの形の⽅が慣れていて使いやすいという⽅も多いでしょうね。それに、ほら、

ここは・・・

 

 

この絶景がありますから!私だってこっち向きにキッチン付けますね!夜は夜景を⾒ながら・・・快適に作業ができそうです。

 

 

キッチン⽤の棚も造作ですが、建具付きで閉められるんですね。中の棚も細かく仕切られているということは使⽤⽤途を想定してあるのかな?コンセントも付いているので、炊飯器や電気レンジ等の場所もあらかじめ想定しておけば、どこにも売っていない⾃分のためにカスタマイズされた棚が出来上がるわけです。注⽂住宅の強みですね!

ちなみに。

 

 

この勝⼿⼝のドア、かわいいです!

 

 

キッチンの横はダイニングスペース。その向こう側がリビングで、メリハリをつけるために段差をつけるスキップフロアになっています。ダイニングスペースの窓の下に⾒えるのは造作のベンチ!この時はまだ完成していませんでしたが、座る部分が蓋になって中は収納。

そしてやっぱり・・・

 

 

窓多めです!ではリビングへ。

 

 

ちょっと床に部材が置かれてますが(汗)、さっきの逆でリビングからキッチンを⾒るとこんな感じです。エアコンの下に造作の棚がリビングのデザインのアクセントになっていて、その下がテレビだから、と考えると私はL字型のソファを置きたいですね。なぜなら。

 

 

やっぱりこの絶景が(笑)あ、これ、いま窓が閉まっています。窓が付いていないように⾒えるでしょ?以前雲仙市の家で紹介した、窓枠がない完全開⼝タイプの(ちょっとお⾼めの)窓なんですね!そしてその向こうにはウッドデッキができる予定!ただただ羨ましいです。

 

 

 

リビングの隣は6畳の和室。リビングとは建具で仕切れます。縁ありの⼀畳畳に障⼦と、落ち着いた雰囲気の和室です。

2階に⾏く前に、1階の⽔まわりも紹介しましょう!

 

 

1階のトイレはゆとりのある広さ!扉はスライド式で、バリアフリー対応と⾔えますかね。

 

 

お⾵呂からも絶景が⾒えるなんて!ここはリゾートホテルですか!?

それでは2階に⾏きましょう!

 

 

窓の光に向かって登っていくと・・・

 

 

左側に書斎です。4畳ちょっとぐらいのちょうどいい広さです!この窓の切り⽅!机を置いて座った時の⽬線に合わせた窓の位置ですね。あぁ、ずっとここにいたい。。。

実は2階には2つの部屋しかありません!もうひとつの部屋は。

 

 

まだ仕切り壁も建具もない、15畳ぐらいのフリールーム!最近トレンドの「仕切り過ぎずに使い⽅を⾃由に!」的な部屋です!そうです。後で必要になった時に応じてアレンジすればいいんです。現時点では・・・

 

 

クローゼットが1つと、

 

 

階段の上の場所の収納と、あとは2階のトイレがあるというだけ。あ、それから2階の窓にはバルコニーも設置されるんですね!

いかがでしたか?⼟地の場所に合わせた設計、⻑いスパンでライフスタイルを考えた間取り等、参考になるところが多い家だと思います。⾼台にある家は、その景⾊だけではなく、⾵が強いので洗濯物が乾きやすいというメリットもあります。

 

さらに機能⾯でも、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の家、つまり再⽣可能エネルギーを導⼊して省エネで快適な室内環境を⽬指した住宅ですし、蓄熱暖房機という、壁や床を暖めることで家全体の温度差をなくし、かつ埃やハウスダストが舞いにくい設備も採⽤しているそうです。そんなんがあるんですね〜。

完成⾒学会に⾏けばスタッフさんが教えてくれますので、気になる⽅は是⾮ご予約を!

 

予約はこちらから

大村市荒瀬町・海の見える高台の家見学会