この度の豪雨で被害にに遭われた皆さまへ

【コラム】モデルハウスでアウトドアリビング

【コラム・かいてきライフ】vol.103 ~モデルハウスでアウトドアリビング~

 

新型コロナの外出⾃粛で、お家でも楽しめる「おうちキャンプ」が注⽬されました。部屋キャンプに庭キャンプ、中でも「ベランピング」という⾔葉も聞かれるようになりました。ベランピングとは、「ベランダ」と「グランピング」の造語。おうちのベランダで、豪華なキャンプを⾏うおうちキャンプの⼀種です。

 

⼀軒家のベランダだけじゃなく、マンションのベランダにもテントを貼ったりしてキャンプ気分を楽しむ⽅がいらっしゃったそうですが、やはり⼀軒家の広いベランダ、それもウッドデッキがあると更にキャンプ気分が⾼まります。

 

ウッドデッキといえば、浜松建設の家の代名詞と⾔ってもいいでしょう。天然の⽊のウッドデッキは、リビングと庭を繋ぎ、空間の開放感を演出します。濵松社⻑も「外のリビング」 という表現をします。そこに外⽤のテーブルやチェアー、ソファを置くと、移動0秒で極上 のべランピングスペースに。

 

そこで、浜松建設ではこんなイベントが⾏われています!

 

 

「おうちOUTDOOR」と名付けられた体験イベント。「おうちOUTDOOR」と言うフレーズ、いいですね〜!

 

県内のモデルハウスとゲストハウス、4カ所のウッドデッキを無料貸し出し。使い⽅はフリー!おうちにウッドデッキがあればどんなことができるか、どれだけ楽しみが増えるか。憧れのおうちキャンプ、べランピングを試すことができるわけですね!

 

そこで、改めて利⽤できるモデルハウスのウッドデッキを、おうちOUTDOORしているイメージ写真とともにご紹介します!

 

まず、佐世保の「⼿鞠庵」

 

 

リビングとの繋がりが素晴らしい「⼿鞠庵」のウッドデッキは、地⾯との段差もあまりつけないことで庭とも繋がっています。そして、わりと街中にあるのに植栽や⽊の塀が上⼿く遮ってくれていて⾃然の中にいるみたいです。こういう⽊のぬくもりを感じられる空間には、 ⽊製のチェアーやテーブルがマッチしますね!

 

 

ここのウッドデッキはホント広いです。平屋なので深めの軒があって⾬や⽇差しも防げます。⼀年を通してウッドデッキの使⽤頻度が⾼くなるでしょう。ウッドデッキではBBQしたくなりますね!ウッドデッキとキッチンの距離が近いから、準備も楽々。庭の⼟の上に BBQコンロを置いて焼きながら、さらに簡易テントを貼るとまさにおうちキャンプ!キャ ンプ場まで移動時間0秒!毎週やってもいいくらいです。

 

次にご紹介するのは、諫早市多良⾒町にある「⼩さな⽊の家」のウッドデッキ!

 

 

「⼩さな⽊の家」のウッドデッキスペースは、植栽と塀に囲まれたパーソナルな空間。ウッドデッキのすぐそばに⽊があるので、⽊陰ができたり⾵が⽊の葉を揺らす⾳が聴こえたりでとても癒されますよ〜。写真のようにガーデンパラソルやアウトドアインテリアがあると、もはや家ではなく、いつも予約でいっぱいのガーデンカフェみたい。

 

 

ここで過ごす休⽇のブランチタイムって最⾼じゃないですか!?「⼩さな⽊の家」の近くにはコンビニやスタバのドライブスルーもありますし、おいしいコーヒーとちょっとした軽⾷を買って、アウトドアのレジャーチェアを持ってのんびりしてみては?

 

そして、南島原市深江町にあるゲストハウス「居⾥」

 

 

 

⼤きな⽚流れの屋根が⽬を引く「居⾥」のウッドデッキは、その建物の周りを縁取るようにウッドデッキが設置され、建物に囲まれた正⽅形のスペースにテーブルを置くともうひとつのダイニングに。観葉植物やフラワースタンドを置いてもいいですね!お弁当やサンドイッチなど作って持ってきたらランチピクニック気分!

 

 

リビングとも繋がっていて広々と使えるのがいいんですよね〜。

 

これらのウッドデッキに加えて、諫早市森⼭町の「唐⽐の家」のウッドデッキも利⽤できます。「⾵の森」の⽊々に囲まれたウッドデッキですから森林浴が気持ちいいですよ!

 

ウッドデッキを⾃由に使えるこの機会に「おうちOUTDOOR」を試してみませんか?

予約はこちらまで!

 

【特別企画】デッキでアウトドアリビング体験(完全予約制)